AV女優と風俗嬢の違いや性病のリスクについてご紹介します!

AV女優と風俗嬢の性病のリスクについて

AV女優と風俗嬢の違いは、どちらも裸になる職業ではありますが“女優業”と“接客業”という明確な違いがあります。
AV女優はAV男優さんと撮影をしますが、風俗嬢の場合はお客様のお相手をしますよね。
ということで、ここでひとつのメリットとデメリットが生まれます。

性病のリスクはAV女優がいちばん低い!

AV女優は撮影前に必ず性病検査をします。勿論AV男優も性病検査をします。
風俗嬢は不特定多数のお客様をお相手することになりますし、お客様は性病検査をしていないことがほとんどです。
風俗業では性病に感染しているお客様を接客することもあるかもしれません。
性病はキスや素股などでも感染する確率が高いので、風俗嬢は性病に感染してしまうリスクが高い職業だということがおわかりいただけると思います。
AV女優は性病感染など衛生面で万全の態勢で撮影に臨むということができるお仕事なので、性病感染のリスクが限りなくゼロに近い状態でお仕事をすることが出来ます。

AV女優は安心安全にお仕事が出来ます

ソープ嬢のお仕事でも衛星器具(コンドーム)を着用してお仕事をするお店もありますよね。
しかしお客様の中にはわざとコンドームを外して挿入したり、爪で穴を開けようとする男性もいるようです。
性病に感染していることがわかっていても遊びにくる男性も中にはいることもあります。
AV女優のお仕事では、AV男優がそのような悪意のある行為をすることは絶対にありません!
AV男優さんも職業として働いていますから、今後の信用問題にも繋がってきますから台本に無い行為や悪意のある行為は絶対にありません。
ですからAV女優というお仕事は安心安全にお仕事が出来る職業であると言いきれます。

優良プロダクションランキング